【Zoom運用】2回目以降のブレイクアウトルーム設定方法

最終更新: 3月29日

いつもお世話になっております。

こちらは、私たちZoomオペレーターが日々のサポートから、お伝えしたいZoom機能やちょっとした情報をお伝えしていくページです。


今回は、2回目以降のブレイクアウトルーム設定について。

セミナーやイベントでおこなわれるブレイクアウトルームは、2回以上おこなわれることが多いのではないでしょうか。

2回目のブレイクアウトルームをおこなう際にはどのような設定が必要なのか。一緒に見ていきたいと思います。


参加者の移動と、参加者同士を交換する方法

まず、1回目のブレイクアウトルームが終了した画面を見てみましょう。


(ブレイクアウトルーム進行中の画面)


ブレイクアウトルーム終了すると、下記の画面になります。


(ブレイクアウトルームが進行中とわかるように、参加者一覧を表示させています。ブレイクアウトルーム設定の際に参加者一覧を表示させる必要はありません)

カウントダウンが消え、全員がメインルームに戻っている状態です。


2回目のブレイクアウトルームをおこなう場合にまず確認したいのは、「オプション」。


次のブレイクアウトルームの時間設定を確認しましょう。


時間設定の変更がきちんと反映されたか不安な場合は、いったんブレイクアウトルームを閉じて、再度オプションをひらくことをオススメします。

(閉じてひらくことで、変更が反映されているかどうかを確認できます)


では、参加者を移動する方法です。

画面のルーム1にいる参加者の名前(ここでは「参加者1」)にカーソルをあわせると、「移動先」「交換」と表示されます。


「移動先」をクリックします。


すると、移動することができるルームが表示されるので、今回の場合は「ルーム2」をクリック。


移動することができました。 参加者がいなくなった「ルーム1」は削除することもできますし、そのまま残しておいても問題ありません。 この状態で「すべてのセッションを開始」をクリックすると、ブレイクアウトルームがスタートします。

次に、「交換」について。 その名のとおり、各ルームにいる参加者を交換することができる機能です。 先ほどの「移動先」と同様に、交換したい参加者の名前にカーソルをあわせます。


「交換」をクリックし、交換したい参加者をクリックすると、


「参加者1」と「参加者2」を交換することができました。 先ほどと同様に、「すべてのセッションを開始」をクリックすると、ブレイクアウトルームがスタートします。

(参加者の移動や交換は、1回目のブレイクアウトルームの設定でもおこなうことができます)


ブレイクアウトルームから参加者を外すには?


参加者のみのブレイクアウトルームであれば、移動や交換のみおこなえばよいのですが、注意したいのは、講師や主催者がブレイクアウトルームに入る場合。

ブレイクアウトルーム終了後は、参加した人たち全員が、最後にいたルームに残った状態になっています。

このまま2回目のブレイクアウトルームをスタートさせると、講師や主催者もそのままブレイクアウトルームに参加することに。

いったん抜いておきたい、という場合には、ブレイクアウトルームから外しておきましょう。作業はとてもかんたんです。


講師がいるルームの右端にある「1」をクリック。「チェック」を外すと、


ルーム1から講師を外すことができますよ。 この状態でブレイクアウトルームをスタートすると、講師がブレイクアウトルームに送られることはありません。

反対に、参加者を追加することも可能です。 たとえば、「参加者2」が遅れて入室したとします。


ルーム1とは別のルームに割り当てたい場合、「セッションの追加」をクリックし、ルームを増やします。


ここに参加者2を割り当てます。


「割り当て」をクリックし、□(四角)にチェックを入れることで割り当てることができます。


「割り当て」をクリックし、□(四角)にチェックを入れることで割り当てることができます。


Zoomではブレイクアウトルームがスタート後も、参加者の割り当て、移動ができます。

ブレイクアウトルームスタート後の割り当て方法から見ていきましょう。

スタート後、「未割り当て」に参加者2が表示されています。


参加者2の名前あたりにカーソルをあわせると、「割り当て先」と表示されます。


「割り当て先」にカーソルをあわせると、割り当てることができるルームが表示されます。


割り当てるルームをクリックすると、


無事、ブレイクアウトルーム進行中に参加者2を割り当てることができました。

また、ブレイクアウトルームに参加中の人を移動することもできます。 移動させたい参加者にカーソルをあわせ、「移動先」が表示されたら、


ルームまたはメインセッションを選択します。


移動することができました。 ただ、何の連絡もなくおこなうと強制的に移動させることになりますので、事前に伝えておくとよいでしょう。 (メインセッションを選択できるようになったのは、つい最近です。Zoomはアップデートが多いので、こまめに最新版にしておきましょう。※3月20日現在、ver5.5.4が最新です

今回は、ブレイクアウトルームの参加者の移動、交換、追加、外す作業についてお伝えしました。 緊張する作業ではありますが、慣れるととても便利な機能ばかりです。 私たちと一緒に、使いこなしていきましょう! それでは、みなさまのzoomライフが、よりよいものになりますように!

※こちらで紹介する内容は、掲載当時のものです。Zoomのバージョンアップやご利用のデバイスにより、実際の画面と異なる場合があります。ご了承ください。



貸会議室アットビジネスセンター オンラインセミナーサポートテクニカルサポーター

タナカミカ

24回の閲覧0件のコメント