【Zoom運用】新機能登場! 「ImmersiveView(イマーシブビュー=没入型ビュー)」で空間の再現が可能に!

最終更新: 1日前



いつもお世話になっております。

こちらは、私たちZoomオペレーターが日々のサポートから、お伝えしたいZoom機能やちょっとした情報をお伝えしていくページです。


今回は、4月26日のアップデート情報から「ImmersiveView(イマーシブビュー※以下、イマーシブビュー)」をご紹介。

この機能は、参加者を仮想空間に配置することで、教室や会議室の雰囲気を再現することができます。Microsoft teamsやSkypeにも似た機能はありますが、実際に試してみると、これは楽しい……! 参加者の意欲を増す、とっておきアイテムになるのでは? と感じました。

どのような機能なのか、一緒に見ていきたいと思います。


設定はかんたん! 画面右上の「表示」から選ぶだけ


バージョン5.6.3より可能となった「イマーシブビュー」。操作可能なのは、ホストのみです。(2021年5月2日現在では、共同ホスト/ゲストでは操作できませんでした※最新バージョンは5.6.4で確認)

また、イマーシブビューを設定されている間は、ホスト以外の参加者はスピーカービュー、ギャラリービューなど、自身で表示画面を変更することができません。使用する際は、参加者へご案内するとよいでしょう。


それでは、操作してみます。

①右上の「表示」から、「没入型シーン」をクリック


②使用したい画像を選び、「全員に適用」をクリック


③参加者が枠におさまります

(参加者はぬいぐるみで代用しています)


他のシーンも試してみました。


対象となる人数は2名~25名まで。「手動」を選ぶと、どの参加者をおさめるのかを決めることができるので、人数が多い場合には、スピーカーのみを並べるという見せ方もできそうです。


「画像は追加可能」「画面共有では解除される」など、確認しておきたいこと


かんたんに操作できて、雰囲気をがらりと変えることができるイマーシブビュー」。ここで、いくつか確認していきます。


先ほど、2名用と25名用のシーンを使用しましたが、自身が持っている画像も使用可能です。

「表示」から「没入型ビュー」を選択し、シーンの選択画面で「+」をクリック。




PC内に保存されている画像を選択することができます。

試しに、4月に撮影した桜の写真を選んでみました。

(気の置けない仲間との花見もできそうです)

実際のオフィスの写真や、テーマとなる画像を使用することで、臨場感のある会議やセミナーを開催できそうですね。


注意点も見ていきましょう。

この「イマーシブビュー」は、メインルームのみの機能です。ブレイクアウトルームへは引き継がれず、画面共有時には解除されてしまいます。

試してみたところ、画面共有は解除すると「イマーシブビュー」に戻りますが、ブレイクアウトルームは戻りませんでした。また、録画動画には残念ながら反映されません。

あくまで、その場の雰囲気、その場の参加度を高めるものとして使用するとよいでしょう。


以上、今回は、「イマーシブビュー」についてお届けしました。

今回のバージョンアップで、またZoomの活用シーンが増えそうですね。ぜひ試していただき、「こんなふうに使うことができた!」と、事例を教えていただけると幸いです。

それでは、みなさまのzoomライフが、よりよいものになりますように!


※こちらで紹介する内容は、掲載当時のものです。Zoomのバージョンアップ、使用デバイスなどにより、実際の画面と異なる場合があります。ご了承ください。




貸会議室アットビジネスセンター オンラインセミナーサポートテクニカルサポーター

タナカミカ

67回の閲覧0件のコメント