【Zoom運用】会議、ディスカッション時に!「ホワイトボード」をマスターしよう


いつもお世話になっております。 こちらは、私たちZoomオペレーターが日々のサポートから、お伝えしたいZoom機能やちょっとした情報をお伝えしていくページです。

今回は、ホワイトボード機能について。 会議室などでおなじみの一般的なホワイトボードと同様に、白いボードに複数人で文字やイラスト、図形を入れるなど、さまざまな機能があります。 使う予定のある方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。


利用するデバイスを確認しよう

まずは必要な設定、利用できるデバイスについてご説明します。 ホワイトボードは、画面の共有の1つ。 設定画面から、「ホワイトボード」がオン設定になっているか確認しましょう。


利用できるデバイスは、PC、iPadは筆者にて確認済み。

iPhoneからは他の人が共有したホワイトボードには記入できますが、自らホワイトボードを共有することはできませんでした。(調べると、Androidは可能なようです) ただ、ホワイトボード機能は複数人で利用するものなので、PCの方に共有をお願いすれば、とくに問題はなさそうです。


PCでは書き込んだものの移動やスポットライトを当てることが可能

では、実際の画面を見てみましょう。 「画面の共有」をクリックし、「ホワイトボード」を選択後、「共有」をクリックします。

ホワイトボードが表示されました。

PCユーザーは、自分で書き込んだものを「選択」ツールで移動することができます。 また、ホストでPCユーザーの場合は、参加者が書き込んだものも移動、削除をすることが可能です。 しかし、iPadやスマートフォンですと、「選択」ツールがなく、移動することができません。利用できる機能に制限がありますので、注意しましょう。

(ホワイトボードを共有されたときのiPad画面)


(同じく、ホワイトボードを共有されたときのiPhone)

テキストが入力方法やイラストの描き方は、実際に体感していただきたいのですが、 便利なのは、「スポットライト」。パワーポイントのレーザーポインターとほぼ同じものです。PCのみではありますが、ホワイトボードだけではなく、画面共有時に利用できますよ。 参加者が書き込んだ後や、画面を見ているだけだと眠くなりそうですが、スポットライトを使って注意を引くことができそうです。3種類から選べます。


ホワイトボードは保存が可能。配布の手間が省ける

ホワイトボードが便利なのは、書き込まれたものを保存できること。 iPad、iPhoneでは写真として保存され、PCの場合はPNGファイルかPDFファイルか選択してから保存ができます。 主な入力をテキストでおこなうことで、各自で議事録や資料として保存することができます。後日配布の手間が省けるかもしれませんね。

以上、今回は「ホワイトボード」についてお届けしました。

書き込みや保存機能は、通常の画面共有時にも利用できます。手順は今回のホワイトボードと同様です。

(基本的な「画面共有」については、こちらの記事をご覧ください)


主に仕事で利用することが多いと思いますが、画面共有の書き込み機能は、友人で集まった際に遊び感覚でも楽しめそうですね。

「こんな使い方をしています!」というお話があれば、ぜひ教えてください。

それでは、みなさんのZoomライフがよりよいものになりますように!


※こちらで紹介する内容は、掲載当時のものです。Zoomのバージョンアップ、使用デバイスなどにより、実際の画面と異なる場合があります。ご了承ください。





貸会議室アットビジネスセンター オンラインセミナーサポートテクニカルサポーター タナカミカ


45回の閲覧0件のコメント